きれいなきれいなシムランス(*^_^*)

「シムランス。それだけじゃない安良里」(^_^;)


前のページに戻る


 2015年11月の連休、、じゃなくてその前の静かなときを狙って安良里に行ってきた。

 狙いはフィコカリス・シムランス(Phycocaris simulans)。

 まさか安良里で出るとは思わなかったんだけど、もしかしたらずっと気づかずいただけで前からいたんじゃないかってくらい長逗留(笑)。
 タイミング悪く、初出から時間がたってからしか行けなかったのに、見ることができちゃいました(*^_^*)。
ゆらゆら腰振るクリアクリーナーシュリンプ 暗がりから顔だけそっとオシャレカクレエビ ぺらっぺらのコノハガニ ヨコエビワレカラ、?
 とか言いながら

目を慣らすために

まずは大きめの

エビカニなどを(^_^;)。
 そして、シムランス。

 ブリーフィングでは最近、見てないとのつれないお話(-_-;)。

 そういうこともあろうかとじっくり時間をとれるように平日に潜りに来てるわけだし、じっくり行きましょう(^_-)-☆


 目撃情報のある第一ケーソンで探すこと1分もかからず。

 ガイドの前田さんに呼ばれて行ってみると、、、3mmくらいの緑色のもやもやしたものが、、(笑)
緑色のもやもやにしか見えなかったフィコカリス・シムランス  じーっと見てもよく分からない(笑)。

 それでもじっくりじっくり見ているとなんとなく見えてきた(*^_^*)。

 見えてくるとどんどんかわいく思えてくる(笑)。


 燃えた〜(笑)
これだけ大きくするとほとんど透明フィコカリス・シムランス バックライトで透かしてみた、フィコカリス・シムランス バックの光源をもっと絞ってみると面白いかも、フィコカリス・シムランス

きらきらひ〜か〜る♪安良里のう〜み〜で〜♪、フィコカリス・シムランス その者、金色の衣を纏いて青き海降りたつべし。■あれ!?逆か?(笑) 緑色のフィコカリス・シムランス、目まで緑色。他の体色のはどうなんだろ?
トガリモエビsp.、腹節にある大きな目玉模様がきれい トガリモエビsp.、でっかい。あまりにもでっかい(笑)
ゴロタ転がすと現れたエビ、手長エビ系? 十数匹で群れて浮遊していた5mmくらいのイカ  トガリモエビsp.、でっかい。
 あまりにもでっかい(笑)。

 いつかゴロタ下のエビも
小さいイカも名前がわかるといいな。


 ハチマキダテハゼ、
小さいのに頑張ってよく撮らせてくれた(^_-)-☆。
ハチマキダテハゼ、小さいのにいいモデルさんでした お供に2匹のテッポウエビのハチマキダテハゼ
モンハナシャコ、巣穴から出歩いてました 正面にいくと背を伸ばして挨拶、って威嚇だね(^_^;) やけにカラフル、コケギンポ 満足の黄金崎公園ビーチに陽が沈む  気合が抜けたいい状態でのんびり、
カラフル系(笑)。


 巣穴から出歩いていたモンハナシャコ、
威嚇なのか大口を開けてくるコケギンポ。
 3連休初日はダイビングのお客さん多し(^_-)-☆。

 久しぶりに沖の根にも行ってみるかと(^_^;)。

 フトスジイレズミハゼのペア、ずいぶん長くいてくれている。
 コペポーダもいたりいなかったりだけど、
同じところにはや何年(^_^;)。
フトスジイレズミハゼ、すぐ隠れるけどすぐ出てきてくれていい子です(*^_^*) 安良里でみるコペポーダは小さい! まるで南の海みたい、これで11月下旬の伊豆の海!
夏場には話題になったりするヒョウモンダコがまだ頑張っているってまだまだ暖かいということ!? イロカエルアンコウのちび、あどけない表情です(笑) ミジンベニハゼ、これまた小さい  最後にもう1本、黄金崎公園ビーチへ。

 出が渋いと聞いていたヒレナガネジリンボウに
気合入れ過ぎて(笑)、
せっかくのピンクのカミソリウオ、ピンぼけ〜(^_^;)。
アオサハギ、ちょっと困った!? アオサハギ、じと目で振り返り(笑) もういいから向こう行くよ、じゃね
ヒレナガネジリンボウ、出が渋かったけど、じんわりアプローチ ウミテング、いつも思うんだけどどっかでペアになれるのかな〜 ピンクのカミソリウオ、もう気合が抜けていたようで、、、(^_^;) 安全停止中でもきらきら





前のページに戻る


TOP! こんなん書く奴どんな奴? どんなところへ行ったかはこちらで(^_^;)






Hello!