阿嘉から海を潜り倒せ!!2015

日本人が誰でも思い浮かべる『南の島の海』がここにある。慶良間 阿嘉島の海


阿嘉島ダイビング編
前のページに戻る


夏の島尻郡漫遊編
食べも食べたり編
南大東ダイビング
阿嘉島ダイビング
南大東を突っ走れ
心安くバリバリ岩
時が止まる星野洞
 中学生のとき、物理の授業の一環でNHKの天気予報放送から天気図を書いた。
 思えば南大東島という島を知ったのはその時だったと思う。
 ダイビングを始めて南の島に潜りに行きたいと調べたときにクレーンで船を吊り上げる島があると知った。

 それが南大東島。久しぶりの再会(笑)だった。
 今回の南大東島行きを計画して手配を始めたのは2月、なんと4ヶ月前のこと。
 何せシーズナリティーがわからない。
 というか島唯一のダイビング屋さんが連絡取れない。
 船で行こうと思ったら2ヶ月前にならないとスケジュールが決まらない、つまり宿の手配も2ヶ月前にならないと決められない。

      ・ ・ ・ ・ ・

   手ごわいのだ。。。(笑)

 ああ、現地1泊という羽田発のツアーは普通にネットに転がっているのでお試しをお考えの方はそちらが『楽』だと思う。
 でも、でもでも、『楽』に「安近短」で行くだけじゃもったいないくらい面白い島だったのだ、南大東島は。
 行くならちょっと(^_^;)苦労してでも、その面白さをしゃぶり尽くして欲しいと思う。

 というわけでどこまで島の魅力(笑)を伝えられるか、、、(^_^;)

 始まり、ハジマリ〜(笑)

 最初の期待を裏切らず、それを上回るものもあった南大東島から阿嘉島へ舞台は移る。

 絶海の孤島、荒波打ち寄せる太平洋のど真ん中からまるっきりイメージの違う白砂サンゴの穏やかな内海へ。

 お世話になったのはシーサー阿嘉島店。
 この3月に一度お世話になったが、季節を変えてまた行くのも楽しい(*^_^*)。

■No.1394 2015/6/23 (9:34-10:30) 久場島 久場東
  depth. (MAX.19.5 ave.8.9) air (in:180 out:40) tank:10lアルミ 水温27度
なんだかんだで浅場が多いと魚も多くて嬉しい久場東 穴を覗くとネムリブカ(久場島 久場東) ナンヨウツバメウオぽか〜んと浮いてます(久場島 久場東) ウルマカサゴ、一見すると岩のよう(久場島 久場東) でっかいイシサンゴ、元気です(久場島 久場東)
浅場はエダサンゴ系がないですね〜、台風のせい?(久場島 久場東)  シーサー阿嘉島店、1本目は久場島。
 嬉しいね〜(*^_^*)、座間味島のサービスだとなかなか来ない島だ。

 1年前の台風でサンゴが軒並みやられてしまったそうだが、
でっかいイシサンゴが健在だったり、少し深場の方はエダサンゴもちゃんとあったり。

 なんか久しぶり(笑)のウミウシ系ダイビングだった(*^_^*)。
カスリフサカサゴ、ペアで(久場島 久場東)
イイジマウミヘビにょろにょろ(笑)(久場島 久場東) イシサンゴは浅場でも元気です(久場島 久場東) クレナイニセスズメ、TG-3になって撮れるようになってきた(^_^;)(久場島 久場東) テンテンウミウシ、お初です(久場島 久場東) コナユキツバメガイ思ったより素早い(久場島 久場東)

■No.1395 2015/6/23 (13:19-14:07) 嘉比島 嘉比ブツ
  depth. (MAX.23.7 ave.10.7) air (in:180 out:60) tank:10lアルミ 水温27度
ウミウチワに隠れるハナミノカサゴ(嘉比島 嘉比ブツ)  シーサー阿嘉島店は1日3本のダイビング。
 午前1本午後2本のパターンと午前2本午後1本のパターンがあって
前日の夜にスケジュールと配船が発表される。

 大規模店だけあって船も3隻あって、それぞれポイントも変えてくれるし、
もちろん配船もゲストのレベル、嗜好(笑)に合わせてなるべく少人数になるようにしてくれる。

 ガイドもマクロに強いガイドが多く、じっくりマクロという人にはいい。
かなり大きなウミウチワ、僕の器材じゃ光が届かないくらい(嘉比島 嘉比ブツ) クダゴンベ、水温高いと動きが活発(^_^;)(嘉比島 嘉比ブツ) ハマクマノミ、襲ってきませんね〜(嘉比島 嘉比ブツ)  嘉比ブツポイント、
嘉比島のブツブツサンゴのポイント。

 コモンシコロサンゴ、
もっと大きい群体だったような記憶があるけど同じポイントだったかな?

 クダゴンベ、昔、西伊豆でよく見ていたのは
冬だったので暖かい海で見るとちょっと不思議(笑)。

 サンゴにスズメダイ系の群れって
南国のイメージぴったり(*^_^*)


 ウルマカエルアンコウ、
レアものらしかったけど、お顔をちょっとだけで残念(^_-)-☆
コバンザメ、張り付く誰かを探してウロウロ(嘉比島 嘉比ブツ) 嘉比ブツといえばコモンシコロサンゴ。昔より小さくなった?(嘉比島 嘉比ブツ) オキナワスズメダイにカブラヤスズメダイが混じって群れ群れ(嘉比島 嘉比ブツ)
ハナゴイはいつ見てもきれい(^_-)-☆(嘉比島 嘉比ブツ) コノハミドリガイの一種(嘉比島 嘉比ブツ) エダサンゴに隠れるキホシスズメダイたち(嘉比島 嘉比ブツ) ウルマカエルアンコウ、レアだそうで(嘉比島 嘉比ブツ) ウミウチワにキホシスズメダイ(嘉比島 嘉比ブツ)

■No.1396 2015/6/23 (15:20-16:04) 座間味島 大曾根
  depth. (MAX.17.3 ave.12.1) air (in:180 out:60) tank:10lアルミ 水温27度
 ブイからちょっと泳いだところにある根を目指す。

 普通にウメイロモドキが群れなしているのが嬉しい。
 大好きな魚の1つでいつでもワクワクしてきちゃう(笑)。


 途中、見せてもらったモノ、ウミウシ?貝?
 ニグラの一種、って教えてもらったけどそもそもニグラって何?(笑)


 チンアナゴもゆらゆらふりふり。


 根に行くとケラマハナダイ、カシワハナダイが群れてて
どっち向いていいのやら(笑)。
ウメイロモドキの群れが僕らの周りを回る(座間味島 大曾根) ニグラの一種、ってニグラって何?(座間味島 大曾根)
チンアナゴ、けっこうな範囲で首ふりふりしてました(座間味島 大曾根) カシワハナダイ、お腹のラインがきれいです(座間味島 大曾根)
カンザシヤドカリ、ついつい近寄り過ぎて引っ込めちゃうんだよね〜(座間味島 大曾根) ケラマハナダイ、淡い色合いがいいなぁ(座間味島 大曾根) カシワハナダイ、お腹のラインがきれいです(座間味島 大曾根) クマノミ、久しぶりの小ささ(*^_^*)(座間味島 大曾根) カシワハナダイ、大きいのから小さいのまで群れてます(座間味島 大曾根)
 6/24は急遽3本を2本に。

■No.1397 2015/6/24 (9:29-10:15) 屋嘉比島 中内瀬〜高内瀬
  depth. (MAX.21.9 ave.12.2) air (in:180 out:30) tank:10lアルミ 水温28度
屋嘉比島の北側にある中内瀬から高内瀬へドリフト、中内瀬の根 屋嘉比島の北側にある中内瀬から高内瀬へドリフト、中内瀬の根 ウミウチワ、縁が黄色くてきれい(屋嘉比島 中内瀬〜高内瀬)  この日も阿嘉島からでないとなかなか行かないポイント、嬉しいね〜(^_-)-☆。

僕らが頑張って流れに逆らっている横で楽々進むカスミアジ(屋嘉比島 中内瀬〜高内瀬)
 屋嘉比島の北側の中内瀬から高内瀬へドリフトして楽しむことに。
 今回は耳抜きがちょっとという方がいたのでエントリーだけブイ付けして。


 外洋系だけあって根もどーんとそそり立つよう。

 カスミアジにカスミチョウチョウウオ、遠くの根もはるかにかすみ、、すみません(笑)。
屋嘉比島の北側にある中内瀬から高内瀬へドリフト、高内瀬の根


 のんびりクリーニングされて色変していたアカククリ。



 突然始まった撮影会にこんな状態恥ずかしいわ、
みたいな感じで普通の体色に戻ってしまった、

ごめんね〜(^_^;)。
高内瀬の根にアカモンガラの群れ、南の島みたい(笑) 屋嘉比島の北側にある中内瀬から高内瀬へドリフト、高内瀬の根 高内瀬の根にカスミチョウチョウウオの群れ、南の島みたい(笑)
クリーニング中のアカククリ、色黒いです(屋嘉比島 中内瀬〜高内瀬) みんなが集まって写真撮っていたら逃げ出してしまいました。■色が普通色に戻っていきます(屋嘉比島 中内瀬〜高内瀬) もう普通色のアカククリ、ふわふわ〜んと(屋嘉比島 中内瀬〜高内瀬)

■No.1398 2015/6/24 (13:23-14:09) 阿嘉島 前浜沖
  depth. (MAX.19.5 ave.14.4) air (in:180 out:50) tank:10lアルミ 水温27度
スカシテンジクダイとキンメモドキ、ぐちゃ〜(阿嘉島 前浜沖) ホワイトソックス(アカシマシラヒゲエビ)、手乗りしてくれます(阿嘉島 前浜沖) スザクサラサエビ、手乗り中(阿嘉島 前浜沖) 白砂を進むとぽつんと根が(阿嘉島 前浜沖) 穴の中はスカシテンジクダイだらけ(阿嘉島 前浜沖)
スカシテンジクダイだらけの穴を進む(阿嘉島 前浜沖) 穴の中は入口から出口までスカシテンジクダイだらけ(阿嘉島 前浜沖) ラピポントニア・パラガレーネ、舌回らないけどきれい(*^_^*)(阿嘉島 前浜沖) ハモポントニア・コラリコーラ、これまた舌が回らない(笑)ヒメイソギンチャクエビの仲間(阿嘉島 前浜沖) クレナイニセスズメは毎回撮っちゃいます(笑)(阿嘉島 前浜沖)
ブイ直下にはこんなでかいサンゴの根(阿嘉島 前浜沖)  阿嘉のダイビング、今回の最後は前浜沖(^_^;)。
 本当は佐久原隠れ根の予定だったんだけど、潮が止まっておらず前浜沖に、まあこういうこともあるよね(^_^;)。

 といってもバカにできない前浜沖。白砂の中、ポツンと根がある慶良間の内海らしいポイント。
 そんなポイントといえばスカシテンジクダイやキンメモドキ(*^_^*)。
 ちゃんと待っていてくれてイメージ通り(^_-)-☆

 ホワイトソックスにスザクサラサエビは手を差し伸べれば僕らでもクリーニングしてくれる(*^_^*)。

 身ぎれいにしてもらって(笑)、スカシテンジクダイシャワーを浴びて阿嘉島の海を堪能したのだった(*^_^*)。




夏の島尻郡漫遊編
食べも食べたり編
南大東ダイビング
阿嘉島ダイビング
南大東を突っ走れ
心安くバリバリ岩
時が止まる星野洞

前のページに戻る


TOP! こんなん書く奴どんな奴? どんなところへ行ったかはこちらで(^_^;)






Hello!