星野さん家の鍾乳洞だから星野洞

ぜひたっぷりの時間をとって浸ってください(*^_^*)


時が止まる星野洞編
前のページに戻る


夏の島尻郡漫遊編
食べも食べたり編
南大東ダイビング
阿嘉島ダイビング
南大東を突っ走れ
心安くバリバリ岩
時が止まる星野洞
 中学生のとき、物理の授業の一環でNHKの天気予報放送から天気図を書いた。
 思えば南大東島という島を知ったのはその時だったと思う。
 ダイビングを始めて南の島に潜りに行きたいと調べたときにクレーンで船を吊り上げる島があると知った。

 それが南大東島。久しぶりの再会(笑)だった。
 今回の南大東島行きを計画して手配を始めたのは2月、なんと4ヶ月前のこと。
 何せシーズナリティーがわからない。
 というか島唯一のダイビング屋さんが連絡取れない。
 船で行こうと思ったら2ヶ月前にならないとスケジュールが決まらない、つまり宿の手配も2ヶ月前にならないと決められない。

      ・ ・ ・ ・ ・

   手ごわいのだ。。。(笑)

 ああ、現地1泊という羽田発のツアーは普通にネットに転がっているのでお試しをお考えの方はそちらが『楽』だと思う。
 でも、でもでも、『楽』に「安近短」で行くだけじゃもったいないくらい面白い島だったのだ、南大東島は。
 行くならちょっと(^_^;)苦労してでも、その面白さをしゃぶり尽くして欲しいと思う。

 というわけでどこまで島の魅力(笑)を伝えられるか、、、(^_^;)

 始まり、ハジマリ〜(笑)

 というわけで、星野洞。

 南大東島の数少ない「観光地」の一つ。
 サンゴ礁が隆起してできた南大東島は石灰岩の島。鍾乳洞がおよそ120ヶ所あるらしい。
 多くは埋め立てられたそうだが、星野さん地の鍾乳洞は歩道やセンサー式の照明が整備されて普通の格好で中に入ることができる。
 僕も半袖、短パンの格好で向かった。
南大東島 北 星野洞外観、奥に入口がある  星野洞、観光協会のパンフにも載っているが、「事前予約」が必要。

 ?と思ったが、わからない時は信じてまず連絡。
 すると「いつの何時に来られますか?」との質問が。
 行ってみて分かったが周りには何もなく、サトウキビ畑と林の中の道を進んでいくといきなりぽつんとある。
 常時観光客が来る訳でもなく、ふだんは受付に人がいないのだそうだ。

  営業時間:9時〜11時 14時〜16時(入館料:800円)(2015/6時点)
 入館料を払うと洞の入口に案内される。
 毎回、鍵の開け閉めするのかな?
 中にいる間に締められちゃったら笑う。



 スロープを下り切ると中扉があって、これを開けて中に入っていく。
南大東島 北 星野洞 入口、入る度開錠してくれる 南大東島 北 星野洞 入口を入ると鍾乳洞に続く長いスロープ  入口を入ると結構長いスロープがあり、
下りていく前に係の人が照明の電源を付けてくれる。



 中扉を開けるといよいよ鍾乳洞へ。

 空気が一気に変わって湿り気を帯びる。
南大東島 北 星野洞 スロープを下ると中扉が 南大東島 北 星野洞 中扉を開けると空気が変わる
 中扉を抜け、

階段を曲がると

いきなり鍾乳洞が広がる。
南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる  正面、左側にどーんと空間が広がり、洞窟にありがちな圧迫感がない。

 正面から鍾乳管が連なっている天井が伸び、左に行くにつれホールが下の方に広がっていく。

 鍾乳洞とは思えない開放感!(^_-)-☆
南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる
南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる
 鍾乳洞に入るときに解説用の機械を貸してくれる。

 ネット上ではラジカセだったりしたけど、
首掛け防水仕様のタブレットに進化していた(笑)。
南大東島 北 星野洞 首掛け防水仕様の解説用タブレット 南大東島 北 星野洞 タブレットの解説画面  通路に番号が書かれているポイントがあり、そこでタブレットを操作すると解説が聞けるというスグレモノ(笑)。

 しかも画面上に解説が出ているので聞くのが面倒な人は読んでしまえばいい(笑)。
 もう一つ貸してくれるのがLEDライト。

 鍾乳洞内は鍾乳石や石筍を照らすように照明が点いていてライトなど要らないのだが、万が一照明が落ちた時のために貸してくれる。

 照明は赤みを帯びた灯りなので乳白色の鍾乳石が暖かい感じに見える。
 そこにLEDの青白い光。
南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる  このコントラストがたまらない。

 ライトを使って自分なりの鍾乳洞の表情を引き出す。

 こんなことができるのは星野洞だけ、かもしれない(笑)。
南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる    ふだんは照らされていない部分にも

  きれいな鍾乳石があって、

  それを自分で試してみる。


   角度を変えると鍾乳石の表面の造形が

  新しい陰影を見せてくれる。
南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる
南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる
南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる
 ネット上では中は蒸し暑くてひどいともあったが、そんなことはなかった。
 確かに湿ってはいるが鍾乳洞はそういうもんだろう。

 それより特筆すべきはその静けさ。
 団体観光旅行ででもない限り、人はあまり来ないみたい。
 僕が行ったときは午後の2時間、ずっと他に人がいなかった。

 おかげで三脚使ってゆっくり写真を撮ったり、静けさに浸ったりできた。
南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる
南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる
南大東島 北 星野洞 ホール状の鍾乳洞内、たくさんの鍾乳石と石筍が楽しめる 南大東島 北 星野洞 かなり、かな〜りゆっくり動く電動スロープで外に出れる  たっぷり2時間弱(笑)。
 星野洞を堪能して外に向かう。
 電動スロープが優しい心配りだ。
  と思ったんだけどあまりにゆっくりで結局歩いて上がってしまった(笑)。

 それにしても星野洞、こんなに面白い鍾乳洞は初めてだった。
 ぜひたっぷり時間をとって地下の世界を楽しんでみて!




夏の島尻郡漫遊編
食べも食べたり編
南大東ダイビング
阿嘉島ダイビング
南大東を突っ走れ
心安くバリバリ岩
時が止まる星野洞

前のページに戻る


TOP! こんなん書く奴どんな奴? どんなところへ行ったかはこちらで(^_^;)






Hello!