在所から海軍棒プールと日の丸山展望台へ

南大東島を突っ走れ!!2015
沖縄なのに沖縄でない!?日本の中の孤島、ウフアガリジマの陸と海


南大東を突っ走れ編
前のページに戻る


夏の島尻郡漫遊編
食べも食べたり編
南大東ダイビング
阿嘉島ダイビング
南大東を突っ走れ
心安くバリバリ岩
時が止まる星野洞
南大東島 在所 ネコたちの社交場みたいです(笑)  宿に落ち着いた後は、周りの探索(笑)。

 行ってみて初めてわかる距離感(笑)。
 在所ってすごく小さい。サザンクロスからほぼ反対側にある村役場まででも歩いて30分もかからない。

 商店も都会っぽいのや昔のよろず商店までいろんなお店が何軒もあるし、スーパーもあってクレジットカードも使える。
 離島っていうと、おじいおばあがのんびり暮らしているって勝手なイメージがある(^_^;)んだけど、
南大東島は若い人も多いし、子供もたくさん走り回っていて(笑)、生き生きとした感じの島だった。
南大東島 在所 メインストリートの交差点  来島前に考えていた滞在中に定期船で北大東島に行くプラン、実行するには到着翌日に乗船する必要があった。
 ダイビングの日程と重なるとまずいので、確認のためダイビングでお世話になるボロジノアイランドに行ってみるも誰もおらず、電話も通じない。
 結局、北大東島行きは断念せざるを得なかった。
 しかし、いろいろ連絡した中で、ゴンドラに乗るだけなら定期船の入港時に旅客の乗降があるときに体験ということで乗ることができるということがわかった。
 ネットで書かれているようにふらっと行ったら乗せてくれたというのは実は相当幸運で、確実に乗りたければ事前に港湾業務課(港湾事務所)に相談することが必要だ。
 そして僕はといえば、幸いなことに18日に体験させてもらえることになった。
南大東島 在所 JAおきなわAコープ 南大東店 毎度毎度お世話になりました  北大東島行きがなくなったので南大東島を回ってみることにした。

 あ〜、なんて行き当たりばったりな(笑)。
 まあ、旅なんてそんなもんだ、いくら計画しても100%思い通りにはならないし、それが面白いと思う(笑)。

 南大東島、今は火山じゃないけど外輪山みたいな形で島の外縁が高くなっている。(幕(はぐ)という)
 この地形は珊瑚礁の島の環礁が隆起したもので世界にも十数例しかないかなり珍しいものだそう。
 ともかくなだらかとはいえ坂道が多いのでレンタサイクルではなくレンタバイクを借りることとした。
南大東島 旧東 闘牛場、道端に門だけ残ってました 南大東島 旧東 闘牛場、昔は賑わっていたんでしょうね  南大東島は幕の上に一周道路があってぐるっと回ることができる。
 一周約21.3km。

 最初は海軍棒を目指す。そこから時計回りに島を回ることにした。

 在所を離れてすぐ、いきなり不思議な門が。
 「南大東村闘牛場」。
 コンクリートでできた門はまだしっかり残っているが奥は踏み入ることをためらうくらい木々が鬱蒼と茂っていてもうかなり昔になくなっていたかのようだった。
南大東島 島はどこもサトウキビ畑。収穫までに1年から1年半かかるんだって  こんなん誰も注目しないかもしれないけど(笑)、
僕はこういうのを見て賑やかだった頃を思い起こすのが好きだったりする(^_^;)。


 しばし心を飛ばした後向かった海軍棒も静かだった。

 周回道路から海軍棒へは道標がしっかりしていて道に迷うことはなかった。
 行き止まりには展望台。
南大東島 旧東 海軍棒への道標。すぐわかる 南大東島 旧東 海軍棒 太平洋と繋がってるプールは泳ぎやすい  そこから覗くと、、けっこうな急坂の下、プールが見える。
 海軍棒は、、高台に立っているが近くに行くことはできなかった。
南大東島 旧東 原チャリが昇らないくらいの急坂の下、整備されたプールがある
 急坂を下りてみるとプール手前はコンクリートで固められていて広場のようになっている。
南大東島 旧東 海軍棒プール、抜群の透明度できれい!
 プールが気持ちよさそうなので服を脱いで入る。
 あ、もちろんこういうことを想定して出発するときに服の下は海パン着用である(笑)。

 火照った体が海水で冷やされて気持ちいい(*^_^*)。
 ダイビングでもなく、ドルフィンスイムでもなく、ただのんびり小魚と一緒に泳ぐのって久しぶり(笑)。

 シャワーもなく、海水を拭っただけで服を着るっていうのも久しぶり(笑)。
 お世話になったてーげーにぃはここでお亡くなりになってしまった。ありがとう。
南大東島 旧東 海軍棒 プールまでは急坂を下りてくる 南大東島 旧東 プールから海軍棒と展望台を望む。冷たくて気持ちいい(*^_^*)
 次に目指したのは日の丸山展望台。

 ここも人気がないのか、クモの巣だらけで破ってゴメンと言いながら頂上へ。
 島内随一の展望の良さを誇るが展望台自体は実はそれほどの高さではない。
 逆に言うと島に視界を遮るものがないということ。
 幕下(幕の内側の盆地状の部分)が全部見えて気持ちいい眺め。

 ぐるんと見渡した風景は他の人の写真に譲るとした(笑)。
   (一応撮ったんだけど今一ついい感じに撮れなかったので(^_^;))
南大東島 南 日の丸山展望台 道からは隠れてて見えないくらいの高さ 南大東島 南 日の丸山展望台 階段のクモの巣が人の来なさを(^_^;)




← 南大東島到着・宿へ ■□■ 亀池港・塩屋海岸・北港 →



夏の島尻郡漫遊編
食べも食べたり編
南大東ダイビング
阿嘉島ダイビング
南大東を突っ走れ
心安くバリバリ岩
時が止まる星野洞

前のページに戻る


TOP! こんなん書く奴どんな奴? どんなところへ行ったかはこちらで(^_^;)






Hello!