いよいよ出港!シャチに会えるか!?

羅臼でシャチに会えるんだってっ!?




前のページに戻る


羅臼川からは雪しか見えません(笑)(2013/4/29) 2013/4/29、起き出して外を見に行く。


 雪だ。。。。。

 もう楽しい(笑)くらい雪だ。。。。。

 さほど積もっていないけれどそれなりに風もあって前日の感じからいくと欠航っぽい。
 知床ネイチャークルーズに電話してみると予想通り(-_-;)。
雪降る曇天にうっすら日の光


   (中略)(笑)
 結局、この日は10時くらいに知床ネイチャークルーズにお邪魔して、

だべって、

トド肉が食べれるという噂の純の番屋が雪のためお客の見込みがないから店を開けない(笑)ことを確認して、

知床ネイチャークルーズの船長お勧めのいさみ寿司で一杯やって、結局一度も行けなかった純の番屋

町中をぶらぶらして終わった(笑)。


 本当にやることがなくなってきた(笑)。



 
羅臼いさみ寿司、おいしかったです



お任せで地の魚づくし(羅臼いさみ寿司)
 
 
メンメの湯煮、まさか食べれるとは思ってなかったので嬉しかった。もちろんおいしかったよ(*^_^*)(羅臼いさみ寿司)
 
締めは知床にぎり!(羅臼いさみ寿司)
 
   そして、とうとう僕は決断した。

   当初の予定では4/30の晩はまだ羅臼に泊まっている予定だったが、1日早く釧路に戻ることにしたのだ。
   こういうときネットは便利。さっさと釧路の宿を予約。高島屋旅館の親父さんも快く了承してくれた。

   後は4/30のクルーズ船に賭けることにして、羅臼最後の夜は温泉に漬かってのんびり過ごすことにした。
















 そして、羅臼最終日とした2013/4/30、空は明るかった。

この先に魅惑(笑)のクルーズ体験が待っている(笑)(羅臼漁港にある知床ネイチャークルーズの看板)  いつの間にか、窓塀ははずされていて、青空が広がっていたのだ!!\(^o^)/

 風もなく空には薄い雲が流れているだけという絶好の天候。
知床ネイチャークルーズEverGreen号へようこそ!
 きっと海も大丈夫だろうと電話もかけずに知床ネイチャークルーズに向かう。

 知床ネイチャークルーズは昨日とは打って変わった笑顔で一杯だった。

 受付を済ませ、羅臼漁港に待っていたのはぴかぴかに光るEverGreen号だった。



 そしてEverGreen号はたくさんのわくわくドキドキを載せて羅臼漁港を出港した。
2013/4/30、羅臼に来て初めての青空!きれいです!
羅臼漁港を出港です!
 雪かぶる知床半島と青い空  
EverGreen号を追いかけて飛んでくるカモメ(羅臼 2013/4/30) ハシボソミズナギドリの群れがU字型に隊列を作って飛んでいる(羅臼 2013/4/30)  まずは国後島に向かって一直線。
 ロシアが主張する国境線に近くまで船を進める。

 その後ろをたっくさんのカモメが後ろを着いてくる。
 どっかに行くのに風除けとして使っているのか、船が切る風に乗るのが楽しいのか、港を出てからずっと着いてくる。
 船尾から見てるとカモメたちもこっちを見ているようで面白い。

 ハシボソミズナギドリは絶賛集合中(笑)のようで羅臼の町上空を雁の群れのように隊列をなして飛んでいた。
EverGreen号を追いかけて飛んでくるカモメ ハシボソミズナギドリの群れがU字型に隊列を作って飛んでいる
 と、船長からアナウンス。

 「右手にオットセイが浮かんでる」

 おー、生(笑)オットセイ、初めてだぁーー♪

 何にもない海峡のど真ん中、ぷかぷか浮いてくるくる回っている。
 何をしてるんだろう??

 一度潜ってしまってもまた浮かんできてぷかぷか。
 それでも船長曰く、こちらを警戒しているらしく、2分程度、くるくる回っているのを見てその場を離れた。
意外にひげが立派、オットセイ(羅臼 2013/4/30) ぷかぷかくるくるしているオットセイ(羅臼 2013/4/30)
意外にひげが立派、オットセイ ぷかぷかくるくるしているオットセイ
ミンククジラ、ブローをかすかにとらえた!(羅臼 2013/4/30) 船の真上を滑空していきます(羅臼 2013/4/30) 2航海目には空は暗くどんよりとしてきました(羅臼 2013/4/30)    こうして羅臼のクルーズ、海獣第一号はオットセイだった。

 その後、ミンククジラのブローを遠目に。

 知床半島はすっかり雪景色に戻っているのに、遠くに見える国後島は雪がないように見える。
 天気図上ではあっちも低気圧の配下にあるんだけどな。

 知床半島に北からの冷たい湿った空気がぶつかって雪を降らして国後島にあたる頃には湿気がなくなっているのだろうか?
 確かにこの日の根室海峡は表面水温1度と海面から湿気を供給できないんじゃないって状況だったけど。
ミンククジラ、ブローをかすかにとらえた! 船の真上を滑空していきます 2航海目には空は暗くどんよりとしてきました
ペアで寄り添って飛ぶカモメたち(羅臼 2013/4/30) フルマカモメは船の近くを低空飛行でパスしていく(羅臼 2013/4/30) あおりで撮ってみたいフルマカモメ(羅臼 2013/4/30)
ペアで寄り添って飛ぶカモメたち フルマカモメは船の近くを低空飛行でパスしていく あおりで撮ってみたいフルマカモメ
 この時期の羅臼の天気は変わりやすい、のだろうか?
 2航海目はどんよりとした天気になっていた。
 船長はうねりが出ていると言っていたけど、ほんの少しだけに感じた。
 これが急に荒れたりするんだろうか?
 (とはいえ船内では船酔いの方々がいたりして、、うーん(-_-;))
 2航海目はイシイルカがちょっとだけ並走してくれ、、(水面下を泳ぐので写真撮りづら、というか撮れなかった(>_<))
後は野鳥撮影に専念(笑)。
   残念ながらシャチとの初対面は次回への持越しとなってしまった。





前日は 羅臼2013 翌日は



TOP! こんなん書く奴どんな奴? どんなところへ行ったかはこちらで(^_^;)






Hello!