Liveaboard? or Liveresort?

マンタふたたび、ばいばいQS


2006/3/17の行動予定、あーもう最終日
 
 
 
 
フィンに張り付くコバンザメ
 
 
 
 
 
 
 
定番の朝ご飯も今日で終わり
 
 
 
フレンチトーストかと思ったら!?甘くないです
タテジマキンチャクダイの幼魚を狙います
 
 
 
 
通り過ぎるということはどこに向かっているのか、マンタよ
 
 
 
 
横を併走!これ以上寄ると離れていくということは見えてるの?
 
 
 
 
ブラックの中に微妙に黄色が混じっているんですね
ブラックピラミッドバタフライフィッシュ、カスミチョウチョウウオと並べてみたい そしてクルーズ最終日の2006年3月17日、クイーンスキューバはKoh Bonに戻ってきた。2日前はサンセットダイビングで根周りをこじんまりと回ったが、今度は根を回った後はマンタ狙いで中層中心に流していく。
 2006/3/17 WEST RIDGE
 7:25-8:24 Depth(Max.30.9 Ave.15.4) Visibility25m TANK(210-3) 水温29度
またまたまたアケボノハゼ、定期巡回みたいなもんか 流れを避けて湾内からエントリー。根の先端までは前回見たMultibarPipefishをもう一回見たり、深場に流していってアケボノハゼ、タテジマキンチャクダイの幼魚なんかを撮る。深場でレオパードシャークを探してみようかと思ったけど見つからず。
 根を回ってからは中層近辺をサーチモードで。マンタを見つけたらダッシュするつもりでエアを確保。進吾チームのみんなはだモヨウフグ、中層をのほほんとんだん深度が下がって海底のサンゴなんかを覗き込んでいる。あー、なんか面白そうだなぁっと思って見ていると自然と深度が下がる。おろろっとあわてて深度をあげてまた中層に、なんてことを繰り返してもマンタはなかなか現れてくれない。
やっほーい、遠くてもダッシュあるのみ、マンタなら むむむ。
 とうとう諦めかけて深度を下げたところで、きたっ!マンタだ。左前方から根の方向を目指して僕らの沖合いを進んでいく。ダッシュしてもちょっと遠すぎ。でもダッシュ(笑)。でかいなぁ。こいつも4畳半はあるんじゃないか。上に乗っかって魔法の絨毯さながら飛び回ってみたいくらい。いや、みたい(笑)!
 でも追いつかない(^_^;)。のんびりはばたいているだけなのにあれよあれよと遠ざかってしまった。それにしても狙い通りにマンタが来るなんて。すごいなぁ、最終日にまた見れたなんて。と感慨にひたりながら進吾さんの近くに戻っていくと、進吾さ今度は追いつけるか?マンタまた速いぞ!んのフィンにコバンザメが(笑)。どこで拾ったんだが。
 最後の見納めとばかりに海底近くに深度を下げてブラックピラミッドバタフライフィッシュなんかを見ていると、とうとうマーティンは残圧が少なくなり分かれてエキジットしていった。僕もやばいなぁ、なんて思って安全停止に向けて中層に浮かびはじめたら、気配が。お世話になった『VIP』ルームです
 なんとさっき根に向かっていったマンタが戻ってきたのだ。今度は左後方沖よりから斜めに島よりにむかって進んでくる。相変わらずのんびりしたペースのはばたきだけど、ぐんぐん近づいてちょっとの間併走。向こうは全然気にもしていないだろうけれど、こっちはばりばり意識して泳ぐ。それでもちょっとはこっちを意識したのかなぁ。つかず離れずの距離を保って併走。どこに目がついているんだっけ。真横にいて見えるんだなぁ。なんて考えていたら、そろそろエア切れ。マンタは深めに進路を変えていったので上から見下ろしてエキジット。いやいや、しっかり予期せぬおまけまでいただいてしまいました。
 嬉しかったなぁ。
 もう、サイコーーーーーー!!

Hypselodoris zebrina、きれいな配色です
 
 
ワヌケヤッコの幼魚、ひらひら泳いで撮りづらい!
 
 
最後の昼ご飯ラインナップ
タコの交尾シーン エキジットして朝ご飯、というのは今までと変わらないけど次の1本がクルーズの最終ダイビングということでリッチーからデブリーフィング(つまり後片付けの仕方とかもろもろの説明)があった。
 時間に余裕ありそうでなさそうな感じ。とりあえず部屋の片づけをしておくことに。
こんな船だと日帰りとはいえ、ちょっと辛いかなぁ
 クイーンスキューバは予定通りTAP LAMUの近くまで戻ってきていた。最後に潜るのはBOONSUNG WRECK。
 もう港から近いらしく漁船みたいな船で潜りに来ていた。
 WRECKというからには沈船で、沈船といえば透明度は悪い、というのが僕の中でのパターンなんだが、今回もやっぱりしっかりそのパターンだった。
 2006/3/17 BOONSUNG WRECK
 11:43-12:43 Depth(Max.19.9 Ave.15.4) Visibility15m TANK(200-30) 水温30度沈船が魚を呼ぶ、カマスの群れもすぐそこに
サザナミヤッコの幼魚、沈船は幼魚のいい避難所でも餌場でもある 津波前はちゃんとした船の形だったそうだが、今はバラバラ。
 シミランとは海底の地質が違うためか、住み着いている魚もちょっと毛色の異なった魚たちが見れた。
 その中で、一番面白かったのはタコの交尾シーン。追いつ追われつ、じゃれてははぐらかし、、、
そんなのをじーっと見ているニンゲンって、(笑)。
 崩れた船がいい漁礁になっていて、Solander Toby、サザナミヤッコの幼魚、ワヌケヤッコの幼魚、メタリックシュリンプゴビー、HoneycombMorayなんかがぞろぞろと。
 安全停止中は2,3cmくらいのクラゲとサルパがたっくさん流れてきて、実はうはうはしながらエキジットした僕なのでした。

 エキジットしてからは、器材を洗ってメインデッキの舳先のスペースに干し、最メタリックシュリンプゴビーと共生エビ2尾後の昼ご飯をとって、アンケートをかいて、パッキングして、、、インドパシフィックトビー、黒班が目立ちます
 あっという間にクイーンスキューバはTAP LAMUに戻っていた。
 寂しいなぁ。でも慌しいからかえっていいのかもしれない。感傷に浸る間もないからね。ダイビングデッキから桟橋に降り立つと履物がきちんと揃えてあって下船の実感が湧いてくる。
 それにしても今回の4泊4日14本のクルーズはなんと14連勝ということで、次来たときがきついだろうなぁ(笑)。でも本当に楽しいクルーズでした。

 ありがとうね、クイーンスキューバ。
BOONSUNG WRECK水中マップを前にrichieと進吾さん
 
 
 
HoneycombMoray、確かに蜂の巣柄だ
 
 
 
 
オワンクラゲとかいろいろ流れてきてました
 
 
 
クイーンスキューバと(^_^;)

パトンビーチに落ちる夕陽 下船後は、みんなバラバラ。僕はパトンビーチのホテルに送ってもらう。
スパイシーでおいしい屋台の唐揚屋さん
 ホテルはクルーズの予約をお願いしたところで一緒にとってもらったのだが、まあ雨露しのぐだけなら、いいかというレベル。
 立地的にはなかなかいいところだったが、それ以外のとりえは何もない。それでも荷物をおいて手ぶらでうろうろできるのは嬉しいことで早速ビーチに落ちる夕陽を眺めにでかけた。

 11日に来たときに歩いていないところを中心にうろうろ。外から聞いているとかなり盛り上がってました
お茶らしいけどコラーゲン? 一人なのでちゃんとした店に入らず屋台かなんかであっさりすまそうと思っていたが、なかなかピンとくる屋台がなく(というか日没直後じゃ、まだやっている店が少なかった)うろうろうろうろ。
 結局、クイッティヤオのお店で汁そば、む、もちょっと足りない、もう一杯(笑)、とお代わりして屋台の揚げ物屋でフライドチキンを買ってもぐもぐ。これで汁そばが2杯で70バーツ、フライドチキンが2つで20バーツと270円弱(^○^)。やっすいなーー。
 ビールを買える時間をはずしてしまったのでソフトドリンクを品定め(けっこう笑えるものがあったりします)。
 ムエタイの試合も開催されていたけど、入場料1000バーツ。受付の話だと4試合中、2試合目まで終わっていそうだったので悩んだ結果、パス。
 部屋に帰ってパトンビーチの夜景を見ながら気絶となった。
むー、1杯飲もうか、悩んでしまった(^_^;)
 
 
 
クイッティヤオのお店、店先にずらっと材料をディスプレイ
CORAL GRAND DIVERSのお店
 
 
 
センレック・ルークチン・ナーム



お腹いっぱいのレオパードとリチェリューロック  プーケット・シミランTOP  パトンでマーライオン



TOP!  こんなん書く奴どんな奴?  どんなところへ行ったかはこちらで(^_^;)






Hello!