ハプニング・ハプニング・ハプニング

男3人、ファミリーリゾートに行く


 2005年夏の海外遠征はアプリット島にいくこととなった。
 アプリット島?という人のためにちょっと解説。(実は僕もどこにあるのかよくわからない状態だったのだ)アプリット島はフィリピンはパラワン島の東北部に位置する小さな島でリゾートがその島を所有している。アプリット島に行くにはフィリピンに入国してから空路、陸路、海路と駆使して半日以上かけて旅をしなければならない。
 くじら組での遠征だったのだが、毎回、黒澤さんはいろんなところを探してくる。どうやって探してくるのかなぁ。今回も近くにエルニドがあるのにそこをはずしてアプリット島を選ぶなんざ、なかなか(^_^;)な選択だと思うし。
それでも島にあるリゾートのクラブノアイザベルは楽しく、ホスピタリティに満ちていて、人気、なんだそうだ。もちろん、ダイビングもできる。リゾートにはダイビングセンターがあって、ビーチダイビング、近くの島にボートダイビングと盛り沢山。ことによるとジュゴンも見れるかもしれないとのことで、高まる期待を抑えつつ、成田に向かった。

   ・・・・・・
クラブノアイザベル、楽しかったですよ
クラブノアイザベル、イーストコテージの昼下がり クラブノアイザベル、全景



海からファミリーコテージを見上げて 2005/7/30 始まりはキャセイパシフィック ハイビスカスも
2005/7/31 AsianSpirit そして アプリット島へ
2005/8/ 1 麗しのクラブノアイザベル
2005/8/ 2 いきなりのスコール
2005/8/ 3 降り止まぬ雨に
2005/8/ 4 雨、雨、降れ降れ、もっと降れ(-_-;)
2005/8/ 5 醒める夢、醒めぬ夢、全ては喧騒の彼方に






海底に天を仰ぎ祈る天使がいました
 
 
 
 
 
 
 
 
ファミリーは2室で1棟として海に突き出しているがスタンダードコテージは1室1棟ずつ建っている
 
 
 
 
 
 
 
 
島の鍾乳洞は反対側にあり、船で、しかも干潮のときしか行けないのだ
  と ・ いうわけで
 ダイビングとしては、天候があまり良くなかったこともあり最高とは言い難かったが、のんびり過ごすにはアプリット島はとてもいい島だった。前評判の通りリゾートのスタッフもホスピタリティに満ちていて、居心地がよかった。もしもう一回行くならば、今度は重いダイビング機材なんか持たずにふらっと訪れたい。ダイビングをしに行く、というよりダイビングもしに行く、時間に追われることなくゆっくりと心の洗濯をしに行く。そんな印象の島だった。



最後にちょっと諸元(^_^;)など
[ゲストルーム]
50棟あるコテージは、すべて水上コテージ。タイプは2ベッドルームのスタンダードタイプと2階建てのファミリールームタイプの2種類。ファミリールームタイプは1階に2ベッド、2階に1ベッドの3ベッド。真水温水の出るシャワー(バスタブなし)、トイレ(ファミリータイプはシャワーと別)、エアコン、ドライヤーが完備。テレビなし。ミネラルウォーターはポットに入って提供される(ルームクリーニングのときに継ぎ足してくれるが忘れられることあり。無料)。海に向かってベランダあり。ファミリータイプには直接海へ入れる階段(途中にシャワー付き)、冷蔵庫、ミニバーあり。ペットボトルをマニラで買って持ち込んでも冷やしておける(でも必要なかったけどね)。
コンセントタイプは日本と同じAタイプ。220V。島内に自前の発電所があり、電気は24時間使用可能。
[バー]
毎晩飲んでいたエルカピタン・バー以外に桟橋近くのセレナバーやロックバーがある。ロックバーは109段の階段を登りつめたところにあったため、行かずじまい(笑)。
[ソフトドリンク]
桟橋近くのセレナバーやメインハウスでコーヒー、紅茶は無料でOK。ただし、リクエストしないと出してもらえない。メインハウスのコーヒーはおきっ放しで煮出した状態になってしまっているのでインスタントの方がいいかな(^_^;)。

[天候]
リゾートや旅行会社の案内には天候はいいように書いてあるが、どうもそうではないようだ。気になって、いろいろとインターネットで検索してみると、全日程いい天気だった人はほとんどいないみたい。これから行く人がもしこれを読んでいたら、お休みの日程に1日程度、ゆとりを持たせることを強くお勧めします。

でも、それだけの面白さはありますよ(^_-)、それは保証します!
さまざまなサンゴの競演が延々と続く
 
 
 
 
 
 
 
 
ファミリータイプのベランダ。海に入っていける階段とシャワー
 
 
 
 
 
ここから109段の上にあるのは天国か地獄か(笑)
 
 
 
 
 
桟橋から見上げたセレナバー。マリンアクティビティの拠点となる





TOP!  こんなん書く奴どんな奴?  どんなところへ行ったかはこちらで(^_^;)





Hello!