行くたびに好きになり、わかってくる御蔵島

改めてわかった吉祥丸のすごさ


御蔵島上陸!元さん頑張ってます  そもそも、この6、7月のスケジュールはまず、この6月第4週の御蔵島から埋まっていった。4月、GW前のダイブキッズ主催、御蔵島ドルフィンツアーに参加していた僕は6月のドルフィンツアーの日程に空きができたのを聞いてすかさず申し込んだのだった。(もう個人で御蔵島に宿をとって、って考えることすらしない自分が情けない(^_^;)。ま、ちゃんと理由はあるんだけど)そこからスケジュールは前の週に三宅島、後の週に小笠原と決まっていったのだった。 無事御蔵島に接岸、さるびあ丸

 6月24日、金曜日、竹芝桟橋への電車の新ルートの検分(笑)を兼ねていた僕は、予定より早い到着に、ウェンディーズに寄り道していくことに決めた。浜松町から竹芝桟橋へ向かう間はそもそも商店・食べ物屋が少なく、唯一のFFチェーン店であるウェンディーズはなにかと重宝しているのだった。(ラーメン屋は時間が不安定なので行きには不都合だし、個人的には松屋か吉野屋あたりの牛丼屋なんかが出店してくれると非常に嬉しいのだが(^_^;)。ほっかほっか亭があるけど深夜まではやっていないのが残念。)

 この週のダイブキッズは大盛況(笑)。御蔵島ドルフィンツアーに加えて、三宅島ダイビングツアーも催行して総勢20名。大所帯のツアーとなった。椅子席券での乗船も、一番乗りしたRyoさんのおかげで和室にチェンジ。御蔵島までゆっくりと寝ることができた。(とはいっても、相変わらずの条件付出航、東京湾外に出たあたりからの強くなるうねり、三宅島への接岸と眠りを浅くさせる要因ばっかだったけれど(^_^;))雨も降っていないのに桟橋はしぶきでびしょびしょ(-_-;)
 うねりの大きさに朝の接岸を危惧していたけれど、なんとか接岸。下船していくと、元さんの姿が。思わず「またお世話になります」の一声が出た。自分に対する出迎えでなくても、到着した島に見知った顔がいるというのは嬉しい限りだ。
 この日の御蔵港は西風がかなり強く、桟橋の風上よりを歩くと打ち付けられた風波のしぶきをもろにかぶる程。初めて御蔵島に上陸した同行の女の子に「すごいですね。いつもこんな感じですか?」と聞かれて、ついつい「普通こんなもんですよ、まだまだ」と強がっていた自分だった。(内心、ドルフィンスイムに向けてびびり入っていた僕でありました(^_^;)。)
急上昇してきて間近ですり抜け
 
 
 
ダッシュ一発!シャッタースピードが追いつかないです

まだ赤ちゃんで小刻みに息継ぎを必要とするおかげでこういう絵が撮れる
 
 
 
目元の筋をかいてみたいと思うのは僕だけ?
周りを回ってくれるとこういう写真は撮りやすいです 御蔵荘ロビーで仮眠。吉祥丸からの迎えで気合一発(笑)。オプションのドルフィンスイムに。仮眠している間に晴れ間が出てきて、いい感じに。前の日に降った雨のおかげで滝がいたるところに。吉祥丸の元さんはドルフィンスイムだけじゃなくて島のいろんなこと、ところを教えてくれる。島を1周しながらエントリーして遊んで、エントリーしてふられて、エン久しぶりの食事シリーズ(笑)トリーして遊んで。そんな感じで午前中の1本、終了。
 ニコニコとともに御蔵荘で筍ご飯にハンバーグなんてお弁当をいただいて午後への活力。(もちろん昼寝もね(^_-))午後の1本ももちろん、もりもりと。天気がいいとイルカさんた雨が降ったときしかできない滝ちの表情もよく撮れる(ような気もする(笑)、きっと自分のテンションがあがるだけなんだろうけど(^_^;))。波間からの光がきれいなグラデーションを映し出す。今回は、オスのイルカ同士でじゃれあい?ケンカ?が毎回見られてちょっとドルフィンキックはお手のものびびった。ものの本に書いてあるイルカの笑ったような顔とか、オスのじゃれあいとか、近寄ってはいけないとされている行動がばっちりみれるんだもの。それでもちょっと離れて見ているとかなり面白い行動をとっていて、解像度のいいビデオが本当に欲しくなってきてしまった(笑)。
若いオス同士でじゃれあうとは聞いたことあったけど、見ちゃいました
 
 
 
息限界までじゃれてるだろう、猛スピードで海面へ

イルカ、人、入り乱れてのスイミング 前菜だけでも豪勢、ってふだんの食生活が(笑) おりょりょ、また動くパイロンが、なんて考えているのかな 御蔵荘の夕飯は、(そういえば)フレンチである。ただし、何がどう出て何皿出てくるのか、宿からは全く説明なし。メインが出てくるのにそうとう時間がかかったので、これで終わりかと思って前菜だけをおかずにご飯終了(爆)。食後のお茶を飲んでいたらメインが出てきた、なんて状態に(^_^;)。御蔵荘にお泊りの際は、どうぞゆっくりとお食事をお楽しみください。僕みたいにお腹が減ったからってがっつくと、いけませんよ(^_-)。

息が合わないときもあるさ、人間同士だってそうだもん  帰る日もドルフィンスイムを1本やって帰れる。現地1泊2日週末だけ(金曜の夜からの船中泊があるから全日程は2泊3日なんだけどね)で1本2時間のドルフィンスイムが3本。毎回遊んでくれるかどうかは別として、1本で8〜10回はエントリーできる。けっこういいと思うけど、僕は。島唯一の食堂「やまや」さんで。ビール枝豆、そしてラーメン(^○^)。うまいんだなこれが(古)

 この日のイルカ船は吉祥丸ではなかった。船長さんの都合でお休みだそうで、御蔵島に行くようになってから初めて別の船に乗ることになった。いろいろ船長さんの性格とかによって操船やゲストの遊ばせ方とかが違うと聞いていたので試してみるいい機会。ばぁーい!また来てねぇ(^_-)!そして、その船の船長は、イルカの群れに対して船を垂直に突っ込ませるのことにこだわる船長だった。こだわるあまり何度も角度を直して仕切り直したりいろいろとぼやきも聞かせてもらったりしてなかなか楽しい船長だった。親子でやっているそうなので、今度こういう機会があったら、ぜひ息子さんの方にも乗ってみたいと思う。
毎度お世話になってます西川商店


 船長さん、東京へ早い夏休みをとって遊びに行くとのことでした。
 夏場は休めないもんねぇ。ご苦労様です。



2005年初夏大(^_^;)連戦は・・・

連戦1戦目(笑)の三宅島は・・・
連戦3戦目(笑)の小笠原は・・・



TOP!  こんなん書く奴どんな奴?  どんなところへ行ったかはこちらで(^_^;)






Hello!