shoals of ・・・・

in shoals



トラウツボくん、こんにちは  エントリーは問題なかった。確かに前日、調整してもらったときにダイレクトに吸気が舌にあたってはいた。ブイ下に集合したときにもあまり問題は無かった。潜降してOKサインを出してツアーが開始されると、ずびじゃば、がはがはと息を吸う浮遊物はあるけれど、ブルー一色!たびにレギュレーターから水が入ってくる。こりゃたまったもんじゃない(>_<)。舌を丸めて、直接、海水が喉にあたらないようにしていたが、そのうち、空気より水の方が多くなってきた。うひゃー、帰りてぇ、なんて思ったが、そこはトビエイの匂い、ぷんぷん(笑)。一度、口から離してパージボタンを押してエアを出してみる。もう一度。ありゃあ。駄目だ、こりゃ(^_^;)。あせらずオクトパスくんの出番となった。なんとこのオクトパスくん、買ってから11年、ボートに引っ掛けられ、岩を崩し、引きずられて砂を掘り返し、なんてことしかさせてもらえなかった。苦節11年、やっとまともに働く機会が与えられたのであった。若干、吸気の具合が悪いけど、そこはそれ、ともかく海水は入ってこない(笑)!そのまま続けてツアーに参加することにした。あー良かった(笑)。 テンロクケボリガイとシミチョロヒラムシ、2ショット

2002/5/12 三ッ根〜沖の根
8:49-9:22 Depth(Max.32.1 Ave.18.9) Visibility8m TANK(190-30) 気温21度 水温21度
 狙うは、三ッ根から沖の根へ流すルート。吸気の具合が普段の2ndより悪いので深度を気にしながらのツアー。−20mくらいでいきなり渋くなったレンタルのレギュにパージボタンを押しながら息を吸って頑張ったのはいつのことか、確か11年やったぁトビエイ、念願の群れ!!前、初めての国内ファンダイブで熱海に行ったときか、あのときに自分の器材を買おうと決心したんだっけ。、、、なんて、考えているうちに、またちょっと吸気が渋くなる。深度が下がっているんだ。海底からは一定の距離を置いて進んでいるのだが(深度計は見ていない)、できれば−30mくらいまで潜るのは避けたいなぁ、なんて考えながら進んでいた。
と、浮遊物の向こうに何やら影が。先頭を行くたけさんが海底にへばりつく。あわせて僕たちも降下していく。1つ、2つ、、、うぉ、たくさんだぁ\(^o^)/。(3つ以上が数えられないわけではない(^_^;))根の向こう側に、たくさんのトビエイが舞っている。流れがあまりあるわけでもないので、トビエイたちは思い思いの方向を向いてホバリングしたり、流れをキンギョハナダイやクロホシイシモチやスズメダイ、乱舞ですうけて旋回したりしている。トビエイを追い散らさないように根の手前側にとりついて覗き込む。片手で根に張り付きながら(こんなときは、きっと息が早くて吸いぎみのままなんだろう、−33mのくせに根の上で体が安定していなかった(^_^;))写真を撮りつつ、枚数を数える。1、2、3、・・・おー30枚!透明度が若干悪いのが残念だ(>_<)。

        ・・・・・・・・

 その日のことはTATSUMIの掲示板にこう書いた。

群れってあーいうものだったんですね 投稿者:秋元・B・直樹投稿日:2002/05/13(Mon) 02:13 No.1144
TATSUMIの皆さん、こんばんは。秋元・B・直樹です。
狙っていった黒潮のつかーん抜けは、赤潮になっちゃいましたけど(^_^;)、そこはそれ、さすが、TATSUMIスタッフ陣。
初日に、1枚、身近で舞う姿を見せておいて、2日目に、30枚もの群れを見せてくれるなんて、演出効果バリバリじゃないですか\(^o^)/。
さすが、トビエイ仙人にトビエイと話しが出来る男ですね、ありがとうございました。

他にも調子悪かったレギュも見てもらったりしてありがとうございました。
器材に手をいれるのも、その人の顔が見えるのはやっぱりいいですね(^_^;)、いろいろ。
安心して潜ることができます、ありがとうございました。

そして、HIDEKIさん、初ガイド、おめでとうございます。
盛り沢山のビーチでしたね。楽しかったです。58分が短く感じましたよ。

2日間、充実の6本と1晩!?(笑)でした。ありがとうございました。

ちょっと近くに来てくれました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アジも群れてます、大きくなってきてます、おいしそうです(笑)
オルトマンワラエビ、ほっとさせてくれます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

暗がりに優雅に揺れるその姿は、あなたのように僕の心を惹きつけてなりません

トビエイくるくる回ります  そして、たけさんからは、こういう返信が(^_-)

Re: 群れってあーいうものだったんですね たけさん - 2002/05/13(Mon) 07:29 No.1146
秋元Bさん、念願のトビエイの群れゲットおめでとうございます。公約?の50枚とまでは行きませんでしたが、30枚ほどのいい群れでしたね。ガイドしていた僕も大満足のダイビングでした。あの光景は何度見てもいいもんです。また一緒に見に行きましょう。

 いやいや、ありがとうございました。\(^o^)/
 実は、トビエイの群れを見る前の日、西の根のてっぺんで1枚のトビエイが頭上を、そうまさに「とんびがくるりと輪をかいたぁ〜♪」状態だったのですよ。沖の根の南のブイからエントリー、西の根に行ってみると、1枚のトビエイがホバリング状態。北からの潮だったので、うまく背後から根に張り付く。みんなで写真撮って、ぐるーんと、首の運動(笑)。1枚だけだったけど、フレームからはみ出る勢いで見れたんですよ。BBでない方、ごめんなさいm(__)m。重いです。このときは三ッ根まで流して、計4枚でしたが、この1本は枚数じゃなかったですね。

まだまだ回りますトビエイ

久しぶりのネジリンボウペアです。 シミチョロヒラムシはどっちだ!? 2002/5/12 黄金崎公園ビーチ
14:28-15:26 Depth(Max.16.2 Ave.13.0) Visibility10m TANK(190-25) 気温23度 水温20度ヒレナガカサゴの幼魚、3cm
 そして、今回はTATSUMIで仲良くしてもらっているHIDEKIさんにDMになっての初ガイド\(^o^)/をしてもらいました。ハナハゼ、尻尾がきれいなんだけど、今回は目に注目!してみました黄金崎公園ビーチは土曜日にも潜っていたけでも、日曜日の遅い時間に潜ると、また人が少なかったりして、のんびり潜れました。1時間にあと2分という結構長い1本でしたが、ヒレナガカサゴの幼魚とか、季節はずれのカミソリウオとか、鉛筆くらいのジョーフィッシュに、でかムカデミノウミウシ、、、、、と盛りだくさんの1本でした。ガイドアシストについてもらうというかたちでHIDEKIさんとは一緒に潜っていたので、僕の潜り方やペースも覚えてもらっていてストレスなく(ま、他の人でもストレスないんだけど(笑))潜ることができました。ありがとうございました。そして頑張ってくださいね、HIDEKIさん。

 HIDEKIさんからはこんな返信もいただきました。


Re: 群れってあーいうものだったんですね HIDEKI - 2002/05/13(Mon) 08:46 No.1148
秋元さん2日間お疲れ様でした&有難うございました。
まさかの二日両日の三本目、うわぁっ、なんて体力だぁとびびりました・・・。が、とにかく御指名ということで前夜の話を考えながら?
頑張ってみたのですが、とにかく良かったです。まぁ、まだまだこれからですが、皆さん今後ともあーでもないこーでもないとご指導よろしくお願いします。

カミソリウオはいつも下向き、なんでかな  2日連続3本!?いやいや、シパダンとか行くと1日5本を3日4日連続なんて潜り方を大抵の人はするから2日で6本なんて普通ですよ、ふ・つ・う(笑)。
海の中ってセルフケアだけでも大変なのに、他人の、しかもスキルも行動パターンもわからない人のケアまでしなくちゃいけないって本当に大変だと思います。それを当然のごとくこなして、なおかつ楽しませなければならないのはもっと大変!?でも、それすら楽しんでいこうと思っていればいいんじゃないかな。なんてHIDEKIさんたちの講習を横でみていて思ったりして、、、

 そうそう、2ndの水漏れ、前の日にフリーフローぎみだったのを調整してもらったときにダイアフラムがずれていたせい?で、きちんとはめなおしたら問題なく潜れました。夜、暗いところで分解とかしちゃいけないって教訓でした(^_^;)。

なんのことはないアメフラシの卵なんだけど、、、ちょっとおいしそうでしょ?


TOP!  こんなん書く奴どんな奴?  どんなところへ行ったかはこちらで(^_^;)








Hello!