ビーチdeトビエイ(C)tyutyuさん(笑)

楽しい「ホーム」ダイビングでした




コメントって言ってももう「ありがとう」としか言えないよね(^_^;) 陽子ちゃんが手招きをして僕を呼ぶ。? なんかいるのかな??と思って海底に向かって一緒に向かうとおもむろに陽子ちゃんが何か白いものをBCのポケットから引き出した。? なにやら広げていく、、、 ! 真中に大きく祝300本の文字が。\(^o^)/。急に照れて思わず緊急浮上したくなった(爆)。だって嬉しいのなんのって、、、。

閑話休題

 2001年5月26日、おかげさまで無事300本目のダイビングを迎えることができました。1991年の7月16日が最初の1本だから、約10年かかったことになります。自分のことながら、またのんびり潜ってましたね(笑)。最初の4年くらいは年間10〜15本ペース、以降30〜40本ペースになり、2000年は何をとちおいしいケーキでした、それ以上にチョー(笑)嬉しかったです!狂ったか(笑)75本も潜ってました。今年ももう、27本。よく潜るようになりました(^_^;)。
50本毎で振り返っても最初は3年11ヶ月かかったのが、1年2ヶ月、1年11ヶ月、1年4ヶ月、9ヶ月、8ヶ月とだんだん間隔が短くなってきています。それだけ、ダイビングが面白くなってきたんでしょうか。最近は通勤の人込みの中、同じ方向に歩いていく人の流れに飲み込まれながらも、ときおりフラッシュバックのように昔潜った時折々の海の風景が湧き上がってくることがあります。ナズマドのエントリー口のきらきら光る海面の風景だったり、サイパンのラウラウのどこまでも見える白い砂(昔の澄んだラウラウね(笑))だったり、いろいろなんですが、それだけで会社に向かう足取りさえ軽くなっている僕って一体(^_^;)(^_^;)。


 朝、前泊したのでTATSUMIで朝食をとっていると、本日の1本目(300本目だ!)のガイドを担当する「TATSUMIの当たり娘」陽子ちゃんが出勤してきた。おはよーと挨拶すると開口一番、はずすかもしれませんよぉと笑顔で先制パンチ(ーー;)。いやいや、そんなことないでしょう。とこちらも応酬。そんなことを言いながら、港でセッティング、沖の根に向かうことになった。沖の根南のブイからエントリー。海面で息を整えてから潜降開始。ゆっくりと西の根に向かう。と、陽子ちゃんがおもむろに指さしたその先に!トビエイがいた!!大小1枚づつの2枚だが、こちらが近づいても逃げることトビエイもスズメダイもまとめて見れるんだよなく、ゆっくりと舞っている。やったね!!久しぶりのトビエイ。相変わらずの透明度だが、それでもちゃんと輪郭だけでなく、体の模様、表情まで見えている(写真にはうまく写ってなかったけど(>_<))。しばし、静かな興奮の時間を過ごし、根を回ってオオモンイザリウオを見て、エキジットする北のブイに向かった。と、陽子ちゃんが手招きをして僕を呼ぶ。? なんかいるのかな? ・・・・・ (^_^;) 写真じゃシルエットだけだったけどさ(-_-;)
 にこにこ顔でエキジットして、港に帰ってくると、陽子ちゃんがさらにニコニコ顔で指さした先に!椅子とテーブルがあった!!テーブルの上にはジュースと白い箱がおいてある。「秋元さん300本おめでとうございます(うー書いてて恥ずかしくなってきた(笑))。ケーキを用意しましたから皆でお祝いしましょう」というようなことを陽子ちゃんが言う。周りでお客さんの相手をしながらもTATSUMIのスタッフも声をかけてくれる。(舞い上がっていてよく覚えていないんだけど。(爆))椅子に腰掛け、箱いつもありがとうの陽子ちゃんとを開けると、おいしそうなイチゴのケーキだった\(^o^)/。しかも、上には「300本おめでとう」と書かれたクッキーまで飾られてあって)^o^(。聞くと、松崎のフランボワーズまで行って買ってきてくれたとのこと、うひゃー、嬉しいし(^○^)、申し訳ないしm(__)m、で大変だった。(本当にありがとうございますm(__)m)一緒のチームになった人も加わって、一緒に行った皆がクラッカー鳴らしてお祝いしてくれて、お祝いのケーキをいただきました。 いつもありがとうのみんなと

もうすぐユウレイになりそうなユウレイクラゲでした  301本目はゴローさんガイドで三ッ根から沖の根へ流すコース。スズメダイ狙いの公言通り、スズメダイがぐっちゃり群れてました。
 お昼ご飯は海鮮ちらし丼、いやぁ、これも久しぶり。おいしかったなぁ。この週のTATSUMIは盛況で、お客さんは店の外にまであふれだし(笑)、スタッフはてんてこ舞い(^_^;)。そこで、僕たちはビーチに避難いつも下向いているイバラダツくん(笑)してもう1本潜ることにした。
 午後の黄金崎公園ビーチは引き潮でエントリーが少ししづらい状態。ホンダワラかな、海藻が浅場に茂っていて、掻き分け掻き分けしながら先に進む。(きっとゆっくり中を見たら面白いものがいそうなんだけど(^_^;))
みごとな(^_^;)スズメダイの群れでした(^_^;)(^_^;) いつもスリムで足長のオルトマンワラエビ イバラダツにユウレイクラゲ、トウヨウコシオリエビ、メバルの幼魚の群れに、、、いやいやこれまた盛り沢山で、ガイドのtyutyuさんもあれも見せたい、これも見せたい状態で結局入りきれないよ状態でした。エアいっぱいいっぱいまで行っても良かったな(笑)。ここでもう一つ、嬉しかったことがあって、何かという米粒のようでした。ミツイラメリウミウシ。(どうやらミツイさんが見つけたみたいですね(^_^;))と、1月から海外に行っていた鈴木さんが戻ってきていたこと、しかもお風呂で温まっていた僕らのところまできてくれて300本おめでとうの一声をかけてくれたのがこれまた嬉しかった(^O^)。

その赤さに惹かれました。チャガラの子供だそうです。 晩御飯は、いつもの豪勢な食事にイサキの姿盛り、桜海老のご飯も出て、これまたおいしかった。TATSUMIに来るといつもこのせりふばっか(笑)。いつ来ても太って帰るのが当たり前になってしまった(^_^;)(^_^;)。晩の酒盛りも盛り上がって(階下に下りると服部くんが晩御飯を食べていたりして(しっかり社会人の顔してましたよ))お開きはいつの間にやら12時過ぎ(^_^;)。


 翌日は雨のち曇といった天気。一緒に行ったうちの一人が早めに帰るということでだらだらしないで(好きなんだけどね、だらだらするの(笑))さっさと1ボート1ビーチをやって帰ることとなった。ボートのガイドは陽子ちゃんの予定がゴローさんに、コースは昨日と同じ三ッ根から沖の根へ流すコース。曇のため、海中は夕暮れ時かと思うくらい暗い。トビエイには1枚遭遇。

セクシー(笑)ポーズ by ネジリンボウ ビーチはまたガイドが変わってtyutyuさんに。移動に自分の車を出して、黄金崎公園ビーチへ。研修センターで通行証を出してもらって初めてコレクションガーデンを通って下の駐車場に車を乗り入れた。(一般のお客さんは黄金崎研修センターの前の駐車場にしか駐車できないんです。)昨日と同じように沖側のエントリー口からエントリー。ケーソンでは昨日も見かけた米粒大や小豆大のミト、トビエイ(笑)ツイラメリウミウシが大量に、その他にもゴマフビイドロウミウシがきれいだったし、ガイドロープにはタツノイトコやアメフラシ、砂地にはころころ太ったカラスキセワタガイ(5cmくミツイラメリウミウシ再び。ウミウシ眼モードでよく見るとケーソンにたくさんいました。らいあった)にスジコウイカの求愛中。ちょっとサイズの大きいオスが腕を2本上げてさかんにメスにアプローチ。くるくる色を変えているのは僕らが見ているからじゃなく、メスへのディスプレィでしょう。と、後ろを振り返って先行したtyutyuさんたちの所在を確認すると着底して何やら遠くを見ている。? なんか胸騒ぎがして(笑)行ってみるとクエストに「ビーチでトビエイ」の文字が!皆が見ている方向を見ると、おお、トビエイだ。小ぶりながら僕が確認できただけで3枚、(僕は右端の方にいたので一番左の1枚に気づかなかった)全部で4枚、2枚づつの編隊飛行をしていた。 ネジリンボウさ〜ん、カメラ目線くださ〜い(笑)
 
 
 

ゴマフビイドロウミウシ(ホワイトバージョン)

いるところにはいるもんだけど、ビーチでトビエイ!しかも、ボートの3倍増し(笑)。小さいだけあって、翼をはためかせるのもパタパタって感じでかわいい(笑)。彼らの姿が海の遥かに消えるまで(って透明度8スジコウイカ捕食中。下の部分でざらついてるけど拡大してみました。透明な触手が見えるでしょうか?〜12mなんだけど(^_^;))皆で夢中で見てました(^O^)。そして、そろそろ戻ろうかとゴロタに向かう途中、またまたスジコウイカ。今度は捕食中。捕食の瞬間は初めて見た。触手をにゅうぅぅっと伸ばしてぱっと捕らえるところはやはりビデオが欲しいなぁ。デジカメではタイミングがうまく合いません(+_+)。帰りのゴロタにはアオウミウシがけっこう多く、しっかり交接中のものもいたりして、ある意味ボートに勝る楽しいビーチでした\(^o^)/。 ぷくぷく大きいカラスキセワタガイ。誰かさんのエアで吹き上がったなんて・・・うぷぷ イバラダツくん、ちょっと寄ってみました。でもなかなかこっち向いてくれないなぁ(>_<)


アオウミウシ、白昼どうどう、しかも見通しのいい岩の上で○○中(^_-) 最後に、一緒にお祝いしてくださった皆様、今までの1本1本一緒に潜ってくださった皆様、楽しい1本1本を提供してくださったサービスの皆様、ありがとうございました。これからも一緒にダイビングを楽しんでやってください。
 あ、もちろん、その後の飲みもね(^_-)。

TOP!  こんなん書く奴どんな奴?  どんなところへ行ったかはこちらで(^_^;)








Hello!