戯れ言にもならない独り言(^_^;)


これといって何のことはないんだけど、
海の中で、海から上がった後で、見たり聞いたり思ったりしたことを
つらつらと書いてみようかと(笑)
独り言(^_^;)indexに戻る


海を離れて、海を感じる・・・
何が待っているんだろう?  
自分のベースとなる海を持つこと  

 何が待っているんだろう?

 仕事の帰り道、いつもの地下鉄の乗換駅、ひどい混雑の中でエスカレーターに乗ろうとして一歩躊躇したおばさんがいた。目の前で流れが止まったことと後ろからの軽い圧力に一瞬の軽いいらだちを覚えながら、僕は急にこの間のエントリーのときの気分を思い出した。なんのことはない。ただ、普通のエントリー。その時はたまたまボートからだったけれど、どこからでもいいんだ。ただ、ジャイアントストライドエントリーでさえあれば。
 レギュレーターを咥えて、オクトパスや残圧計のホースを気をつけて、マスクを押さえて正面を見る。一呼吸して、大きく片足を前に。そう一歩踏み出すように。Cカードをとるときにみんながみんな練習したエントリーの仕方。
 そこで一歩踏み出す瞬間、どんな気分?

 僕は、、、、よくよく思い出してみると、怖さと好奇心とが半分半分かな、好奇心は期待感かもしれない。でも、怖さは確かに心のどこかにあるような気がする。怖さは何に対しての怖さだろう?
 海に対して? それもあるだろう。
 飛び込むこと自体に対して? それはケースバイケースかな。

 うーん、意識が変わることに対してかな。
 どんなに潜った海でもまったく同じ海はない。たとえ毎日潜っていたとしても、瞬時に表情を変えるのが海だ。だから毎回、未知の世界なんだろうな。そこに踏み込んだら今までの意識が変わる、良くも悪くも今までの連続性が途切れて意識が変わる、それに対しての怖さなのかな。
 たとえば、暖かい陸でのんびりしていた気分からひんやりとした海中へ入ったとたん、気持ちがぴりっと引き締まる感じがしたり。
 船酔いで気持ち悪くて動けないと思っていたのにイルカの姿を見つけただけで、気づいたら一緒に海の中で遊べるくらい元気になったり。
 たった一歩踏み出すだけで、それまでとは違う自分が待っている。+も−も含めて変わることが怖いし、その変わることに対して好奇心が沸いてくる。

 さあ、次に一歩踏み出したときは何が待っているんだろう。

2005. 7.13
 自分のベースとなる海を持つこと

 僕が自分のベースとなる海を持ったのはいつだったか。
 何をもってベースの海と称するかにもよるんだろうが、実はまだ3,4年のことだと思う。

 僕はそんなに潜り込んでいないので、ポイントの地形を知っているだけではなく、年間を通じて潜ってみて、その場の季節による変化もわかるようになってから、やっとベースの海と呼んでいいのではないかと思っている。

 もちろん、潜り方は人ぞれぞれだから、今書いたことを満たしていない人はベースの海を持っていないとは言わない。
 夏場、リゾートオンリーのダイバーでもどこかよく潜っているところ、好きなところ、得意なところ、ピンポイントでそこだけ潜り倒していればベースの海と呼んでもいいのかもしれない。
 要は、どこかの海を潜ったときに、「あ、ここがあそこの海と違うな」と感じることができる『物差し』のようなものが自分の中にあるか、だと思う。

 エントリーの仕方、潮の色、流れ方、潜り方。海が違えば、そこでの生き物の「当たり前」も変わってくる。

 どこか一ヶ所の「当たり前」にまず慣れて、それが自分の中で原風景になればいい。

 原風景ができるのは、安全の面からも好ましいと思う。
 プロでない限りダイビングにブランクはつきものだ。それが原風景に帰ってきたことで安心感をもたらし、落ち着きを引き出す。そうすればベストの自分にすぐに戻ることができる。

 ベースの海に潜ると、季節の違い、海況の違い、それによるいろいろな違いが感じられるようになる。いつもいるクロホシイシモチの群れが今日は少ない。海藻が茂って岩肌を覆い隠して草原のようだ。・・・・それらを感じることによって海が生きていることを実感できる。次の機会への期待も高まる。季節来訪魚にもすぐに気づくことができる。そしてどんどんダイビングが楽しくなる。

 他のポイントに潜っても、「当たり前」に会えれば、そこでの「当たり前」の行動パターンに目が向く。同じか違うか?違うならなぜ?
 そのポイントの普通種は、ふだん見慣れないから、すぐに目につく。面白い。
 どこに潜ってもベースの海と比べることによって2倍、それ以上に楽しむことができる。

 ベースの海を持てたことによって、僕のダイビングの楽しみはとても広がった。
 皆さんにもぜひ勧めたい。

2006. 1.23


TOP!  こんなん書く奴どんな奴?  どんなところへ行ったかはこちらで(^_^;)







Hello!